人気ブログランキング |

10/30放送内容

こんにちは!江刺家愛(えさしか あい)です。
台風14号の接近が心配。番組が進むにつれて雨風が強まってきました。

060.gif13:00~
湘南ビーチFMマガジン19号 ショップリスト掲載
カルチャースクール 小笠原学園」では、11月13日(土)に
スクールフェスティバルを開催します。
その内容について、小笠原学園の声優ドラマ入門、朗読入門の講師、
当日の司会進行を担当される 泉恵造さんにお聞きしました。
今回は25講座の発表。
作品展示は洋裁、和裁、手編み、鎌倉彫、書道、水墨画、
ポタリーペインティング、純銀粘土ジュエリー、フラワーアレンジメント。

ステージでは、フラメンコ、フラ、親子体操マミー&ミー、キッズ体操、
キッズダンス、リズミックカンフー、声優ドラマ。
声優ドラマは泉先生のクラスで、3姉妹の物語を
声と効果音のみで演じます。
目をつむって、情景を想像しながらお楽しみ下さい。

演奏ではギター、ウクレレ、チェロ、ドラム、弦楽アンサンブル。
弦楽アンサンブルは、現役プロの演奏家との共演です。

デモンストレーションもあり、歌声喫茶では懐かしい歌をご一緒に、
またリズム&ストレッチにもご参加いただけます。

今回ならではのコーナーは、ビューティー講習会。
①「30分できれいになる」をテーマに、テーマカラーやメイクのコツ、
美しく見せるしぐさなどのポイントをお伝えします。
②ビューティカラーアナリスト中西桂子さんのパーソナルカラー診断、
③イメージコンサルタント中井信之さんのポージング指導付き写真撮影

そして受講生の手づくり作品を販売するバザー、
毎回人気のビンゴ大会もあります。
商品は26インチ自転車、ルクエのスチームケース、
ドーナツメーカー、電波時計など。
スタンプラリーでは、会場内を6ヶ所めぐると記念品をプレゼント。

毎回司会をされている泉さんから見た、スクールフェスティバルの魅力は、
とても温かみがあること、発表者が心から楽しまれていること。
それが来場者にも伝わっているようです。
一日を通して、小笠原学園で芸術の秋、文化の秋を楽しんでは如何でしょう?

小笠原学園 スクールフェスティバル
11月13日(土)10:00~16:00
(問)046-871-2082
*湘南ビーチFMマガジンにも掲載しています。


072.gif16:00~
葉山文化園にて開催中「三人展~芯~」をご紹介しました」
これは、繭花を製作されている小川千恵子さん、
書家の齋藤翠恵(すいけい)さん、和傘作家の堀江康子さんが
コラボレーションした日本の伝統や美を伝えた作品展です。

繭花の小川千恵子さんは、国産の繭・絹を使い全て手作業で
繊細な草花を製作されています。
a0136253_11454185.jpg

国産の繭の良さは、何よりもキメの細かさと美しい光沢。
その素晴らしい日本の素材を、これからも伝えていきたいと仰っていました。
下は、この作品展の為に製作された大作、祝い花。
下には、繭が沢山敷かれていました。
a0136253_1145612.jpg

着物には使われない「生成り」の繭を、そのまま色を着けずに
華やかに咲かせました。
小川さんは生の花の花弁を一枚一枚開いて構造を確かめ、
繭をどう切ったら良いか、どれくらいの繭が必要かを考えて作られるそうです。
作る・・・というか咲かせるというイメージですね。
会場に風が流れると、まるで花弁から優しい香りが漂ってくるようでした。
下は、バカラの器に生けられ繭花。
a0136253_12412447.jpg



続いて、書家の齋藤翠恵さん。
a0136253_1245120.jpg

翠恵さんは自分が書こうとしている一文字に対し、
自分がどう感じるか、この字は何を語っているかを考え、
墨は黒か薄い灰色がかった「青墨」か、大きさや紙の種類を決め、
今の自分が感じたままに筆を執るそうです。
私の心惹かれたのは、青墨の「海」。
a0136253_125239.jpg

葉山という場所を考え、また母なる大きな海を想像し書かれたそうです。
私は一目見て、子どもの頃に夏休みに訪れた田舎の海、
澄んだ青い海水と白い砂浜、太陽降り注ぐ中で思いっきり遊んだ、
そんな思い出が浮かびました。
写真にはありませんが、入口を入って右正面にある「遊」という書は
まるで大木が空へと伸びていくようなパワーを感じました。
これは「遊」の基になっている,象形文字。
ここから今の「遊」になっているのです。
どんな遊びを想像されて書かれたのでしょう・・・?
書は、見る人によって、またその人のその時の心の在り方が表れそうです。


そして和傘作家の堀江康子さん。
a0136253_12434113.jpg

和傘に惹かれた背景の1つには、
洋傘は畳んだ時に傘の表面が外側にくるのに対し、
和傘は内側に入る、なので自分もそして周りの人にも
水滴が付かないようになっている、
そんな日本人の気遣いを含んでいること。
また、昔の素晴らしい着物の型を
もっと活かしたいと言う想いから・・・・なのだそうです。
しかし着物は平面、傘は丸く斜面になっているので、
色を引いたり足したり、今の空気に合うようデザインされています。
堀江さんは、ジーパン姿でも気楽に和傘を持って欲しいと。
飾られている傘は、どれもとてもモダン。
そして、粋でどこか昔の和服の女性の色気を感じます。
ご紹介いただいたのは、今回のテーマ「芯」を表している、
写真の黒地に赤が中心に使われている作品。
a0136253_13185468.jpg

日本女性の内に秘めた強さが表われているようです。
和傘は、女性を美しく見せる小道具かもしれませんね。
この作品の持ち手は、金蒔絵を施しています。
このように和傘には、漆や和紙、竹といった日本の技や
文化が纏められている、そんなところも作品から感じ取ってほしいそうです。


*「三人展 ~芯~」
 会期 : ~11月7日まで。
 会場 : 葉山文化園(葉山一色) 
       (葉山郵便局と相鉄ローゼンの間の道を入った格子の建物)
 (問) 046-876-3188
      


062.gif17:00~
「ITフロントライン」最新のモノにスポットを当てます。
今週は、幕張メッセで開催「シーテックジャパン」に出展していた
「㈱リングココ」 CEO 森由佳さんのインタビュー。
ママカフェというソーシャルネットワークサービスを中心に、
女性に便利な情報を提供するサービスを展示していました。
by beachfm | 2010-10-30 20:30 | 以前の記事

Shonan BeachFM Magazine Radio 毎週土曜日12:00-16:00 オンエア 番組ブログ


by beachfm
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る