人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5/21放送内容

こんにちは、江刺家愛です。
1日通して南風が強かったです。
気温が上がりムシムシとして、半そでで気持ちが良いくらい。

072.gif13:00~
横浜JAM音楽学院 代表 ジャズピアニスト 宮澤隆さんご出演。
横浜ジャム音楽学院には、さまざまな楽器の教室があり、
ボーカルクラスもあります。
ボイストレーニングのみの人もいますし、
シャンソン、ボサノバなどもあります。
歌を分析して、アドリブの時のアクセントのつけ方を
細かく教えてくれます。
特に日本人が不得意と言われる裏拍の取り方、
後ろにアクセントを持ってくる「レイドバック」でというリズムの取り方で
少し遅らせないとジャズにならないのだそう。
またジャズは2拍目、4拍目にアクセントが来る。
1、②、3、④・・・・。
それが日本の曲は、①、2、③、4と最初にアクセントが来る。
でも演歌でもジャズと同じ裏をとる曲もあるそうで、
例として挙げて下さったのが森進一さんの「えりも岬」。
宮澤さん自ら歌ってくださり、わざとずらしている事、その事実を確認。
ではジャストのリズムで演奏するのは何かというと、マーチ。
これは皆が揃うこと、皆が1つの気持ちになることが目的だから、
テンポをずらしてはいけない。なるほど!

ところでアドリブの基本とはあるのでしょうか?
お聞きすると、最初の第1小節を元に基本のコード進行は変わらず、
そこから変奏曲にしていくようなものなのだそう。
「枯葉」であれば、最初のフレーズ「かれはよ~」の音階やリズムを元に、
アレンジしていけば良い、のだとか。
ただアレンジ、アドリブも作者の意図をきちんと知っているうえで
行うの気持ちが大切との事。

こんな風に様々な面から曲を噛み砕いていくと、
ジャズももっともっと興味深いものになりそう。

8/6には、横浜JAM音楽学院では「第31回ジャムコンサート」を開催。
詳しくは横浜JAM音楽学院のHPをご覧ください。

058.gif今日、湘南ビーチFMの事務所に来られた木村太郎社長、
ブルーグレーのアロハシャツをお召しでした。
これから番組審議委員会ですが、スーパークールビズですね。
あと1ヶ月もすると、下は短パンになることでしょう。
by beachfm | 2011-05-21 19:30 | 以前の記事

Shonan BeachFM Magazine Radio 毎週土曜日12:00-16:00 オンエア 番組ブログ


by beachfm