人気ブログランキング |

8月11日

こんにちは、江刺家愛です。
お盆休みが始まって、葉山マリーナーへも
家族で来られている方が沢山。
葉山マリーナー江ノ島周遊クルージンは、全ての便が貸切です。

061.gif13:00ホームシアター&AV機器「cadenza
代表取締り役社長 峰松啓さんに進化し続けるテレビについて伺いました。
a0136253_11205917.jpg

テレビは地デジ化によって大きく変化しパネル型となり、
厚さは10センチほど、そしてワイドへ。
ハイビジョンで映像もとても美しくなりました。
このワイドの大きさはゴールデンルール(黄金比)と呼ばれる、16:9の割合。
これは誰が見ても美しいと感じる形なのだそう。
映像が美しさ増した事に対し、音声は厚みが無くなったことで
低音の響きが薄れたそう。
以前のブラウン管式だと箱に奥行きがあったので
高音低音ともに共鳴したのだけれども、
薄くなって低音が伝わりにくくなってしまった。
その為に今はスピーカーを設置するようになったと言うこと。
スピーカーは殆ど画面の横へ置くタイプが多いけれど、
下に付けるタイプはスピーカーが下に向いているものがあるので、
これは音がこもってしまいがち、サイド型の方が良い、そうです。

さて今後テレビはどう変化していくのでしょう?
峰松さん曰く、テレビを見ながら同じ画面でメールが出来たりと、
より生活に密着していくのでは・・・と。

映像やAV機器、ホームシアターに興味のある方は、
一度カデンツァを訪れて見てください。


072.gif14:00~「住まいるLivin'」
㈱キリガヤスタイル 代表取締り役社長 畑木明雄さん。
a0136253_11495646.jpg

ご自慢のアロハシャツ、今日は鮮やかですね。
今日のテーマは、「窓・サッシでこんなに変わる室内環境 パート2」
住宅で使用する遮熱・断熱複層ガラスは、
普通のガラスに比べ日射を半分にしますが、
逆に日差しを入れたい冬にも跳ね返してしまいます。
ですので使い方を理解して設計しなければなりません。

複層ガラスの特徴は・・・・例えば高層ビルの場合、
ガラス越しに外を見ると、反射して見えないことがあります。
写真を撮ろうとしてガラス面だけが光って外が見えない現象です。
これほど複層ガラスは特殊な金属膜を貼って
太陽を遮断しているのです。
もし高層ビルが一般家庭と同じガラスだったら・・・・
大変な事になりますね。

さて快適な暮らしのためにサッシ、窓を変えるポイントですが、
お奨めはプチリフォーム。
家庭についている単板ガラスのサッシ枠はそのままに、
簡単に複層ガラスに出来るのです。
3ミリと3ミリのガラスを2枚使い
その間に0.2ミリの真空層を入れると言うもの。
この6.2ミリで、厚さ12ミリの一般複層ガラスの
約2倍の断熱性能を発揮します。
全室リフォームするのではなく、
リビングなど大きな窓のある部屋だけを変えても
かなり効果的だと思います。
詳しくは、キリガヤスタイルのHPをご覧下さいね!
そして!8月25日は「キリガヤ祭」開催。
新しくなったキリガヤ新本社(逗子山の根)にて10時~行われます。
子ども木工教室、角材早切り競争、フリーマーケット、ライブ、模擬店など。
当日は、電話レポートをお届けします。
by beachfm | 2012-08-11 20:00 | 以前の記事

Shonan BeachFM Magazine Radio 毎週土曜日12:00-16:00 オンエア 番組ブログ


by beachfm
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る