- 7月13日 -



a0136253_19174879.jpg

お昼頃は日差しが出ていましたが、次第に雲が多くなり、番組終了時には小雨がぱらつくお天気となりました。
13日土曜日は現在発行中のマガジン30号に掲載されている天王祭の宵宮でした。


a0136253_2010526.jpg
◆13時葉山カレッジ (株)高千穂役員で葉山カレッジリーダー田口敏子さんにお話を伺いました。


a0136253_2081567.jpg
この看板が目印です。


a0136253_2003297.jpg
ここが正面ゲートです。
・葉山カレッジとは?遊ぶ・学ぶ・クラブをキャッチフレーズに色々な目的の為に場所を提供している所です。
地元の方はもとより、横浜や東京から遊びに見えるお客様が、こんなに環境の良い所なので、もっと多くの方に提供してくださいと言われ、何か皆さんが集まって出来る事と考えて作られたそうです。
・なぜこのよう場所をつくられたのでしょうか?
元々はカレッジのオーナーが、住宅の新築とリフォーム会社をしており、環境関連の商品やシステムを元にこのモデル住宅を建てたものです。


a0136253_2011892.jpg
・建物は一言で言うと、「環境共生住宅」と言います。
10年ほど前に建てられたのですが、経済産業省から補助金交付を受け、人の健康と省エネに寄与する戸建住宅になっています。
太陽熱を活用して床暖房や、お湯を取ったり、お風呂・洗濯・トイレなどは雨水利用、夏は風通しや夜間には涼しい風を取り入れて、暑い夏でもクーラー無しの住まいになっています。
外も中も自然素材で作られ、特に室内は、湿度調整をしたり、消臭効果など機能性の高い快適住宅です。
庭のビオトープには蛍も出ます。


a0136253_2015028.jpg
・現在まだ始めたばかりですが、プリザーブドフラワー教室、ミニコンサートなどをしています。
夏は、バーベキューパーティーを庭のデッキで、食糧飲み物持ち込み、場所代1人1,000円でやっています。


a0136253_2021594.jpg
海も見えます。


a0136253_2024348.jpg
山の景色も楽しめます。


a0136253_2031056.jpg
・木製シーカヤック手作り教室では、既製品のカヤックでは物足りない方、こだわりのカヤックで遊びたい方の教室です。
人にもよりますが、大体3ヶ月(25回~30回)土日をメインに行っています。それ以外もご希望により、ご相談に乗ります。


a0136253_2032530.jpg
インテリア用としてミニチュアカヤック作りも、お子さんの夏休みの工作にもよさそうです。(小学校高学年位から)


a0136253_2041586.jpg
・お部屋の種類と収容人数。
大広間のリビング:40畳、30~40人位。
食堂:12畳、10人位
和室:8畳、5~6人位
外のデッキ:20~40人位


・地元の方は勿論、遠方からも来て頂き、コミュニティの場所になれたら嬉しいと仰っていました。
《葉山カレッジ》 webサイトはこちら
住所:葉山町下山口761
電話:046‐877‐1550
受付時間:10時~16時


a0136253_2032696.jpg
◆14時~アメリカンビンテージ雑貨「アメ車庫」と隣接するカフェ「庵」に伺ってオーナーの渡辺喜忠さんにお話を伺いました。


a0136253_20344360.jpg
扇ガ谷の静かな住宅街の奥に有ります。


a0136253_20355633.jpg
アメリカンスタイルのガレージそのままを利用し、アメリカンアンティーク、ヴィンテージ、コレクティブル雑貨を販売しているお店です。
この日は、トレードマークの「アメ車」が車検中で残念ながら有りませんでした。


a0136253_20364387.jpg
オーナーが40年近くにわたってアメリカ各地を巡り歩きこつこつと集めた数万点におよぶコレクションを中心に展示販売しています。
私たちが昔憧れた、古き良き時代のアメリカがここにあります。
宝探しの楽しさです。


a0136253_20371718.jpg
隣りに有るカフェ「庵」


a0136253_20374683.jpg
店内は大きな窓が額縁となって、一幅の絵を見るようです。


a0136253_20382118.jpg
オーナーはバリスタの資格を持ち、「鎌倉で一番美味しくて、皆さんに納得して頂けるものを出したい」とおっしゃるコーヒーは…


a0136253_20394796.jpg
香り高く、奥深い味わいを感じるアイスコーヒーを頂きました。
こちらのスペースはレンタルも行っています。
また、バーベキュースペースも有ります。


★イベント情報
このカフェ庵では7月27日(土)ブルーコメッツトークライブショー開催決定! ~あの頃みんな若かった!~スペシャルゲスト 宇崎竜童さん!というイベントを行います。
場所柄、ブルーコメッツの演奏は難しいのですが、トークと、宇崎竜童さんのギターと歌が何曲か聞けるのでは?
1st stage 18:00~18:50 2nd stage 20:00~20:50各席料¥3000残りわずか。
お問い合わせ 予約はアメ車庫まで!
《アメ車庫》 webサイトはこちら
〒248-0011神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-1-15
JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」西口より徒歩約15分。
駅を出て真っ直ぐ行った「市役所前」交差点を北方面(右)へ「英勝寺」を超えて左折した突き当たり。
お車は、朝比奈IC・逗子ICより約20分程度
駐車場は1~2台分ほどのスペースをご用意しております。
TEL:0467-22-2727
OPEN:11:00~16:00
定休日:月・火曜日(祝日に当たる場合は振替営業します)
◆三菱自動車提供"Holo Holo Mele"(ジョージ・カックル)


a0136253_2043192.jpg
◆16時リビエラリゾート逗子マリーナハーバー岡田夏子さんをスタジオにお迎えしてお話を伺いました。
・リビエラリゾート逗子マリーナでは、1日4回(10:30/12:00/13:30/15:00)ショートクルージングを行っています。森戸方面か江の島方面どちらかのコースです。
ちょっとドライブに行く感覚で乗りにいらしてください。
ランチ付きのプランも有ります。
また、ボートライセンスの講習も行っています。
岡田さんは講習の講師でもあります。
1級小型船舶操縦士は最短4日間で取る事が出来ます。


a0136253_2044689.jpg
実は、今日、番組前に体験クルージングに行かせて頂きました。
これは…そう、現在発行中の湘南ビーチFMマガジン30号と同じアングルで写真を撮って見ました。


a0136253_20451644.jpg
朝8時からの番組担当浅木舞ちゃんと一緒です。
出港を待つ舞ちゃん優雅だ。


a0136253_2046191.jpg
舞ちゃんと、舞ちゃんの番組ゲストSinobuさんも一緒です。
リゾート美女のお二人と…


a0136253_20464978.jpg
私は探検隊?リゾート美女二人(舞ちゃんとSinobuさん)と探検隊(営業の尾前ちゃんと私)の図。


a0136253_20472425.jpg
岡田さんは途中でSinobuさんと操船を代わって運転も体験させてくださいました。
Sinobuさんは大喜び!
ボートライセンスを取るかもしれませんね。


a0136253_20491251.jpg
なっちゃん(勝手にそう呼ばせて頂きます)カッコイイ!!
潮風を体いっぱいに浴びて、番組に臨みました。
ありがとうございました!


《リビエラ逗子マリーナ》 webサイトはこちら
住所:逗子市小坪5-23-9
クルージング、ボートライセンス教室のご予約、お問い合わせは、
電話:0467-24-1000
◆17時 坂田栄一郎―江ノ島(写真展)


a0136253_21381714.jpg

人物写真(ポートレイト)の大家、坂田栄一郎による“人のいないポートレイト”を中心としたシリーズ「江ノ島」の写真展が今日からスタートしました。
昨夜、オープニングレセプションが行われ、行って参りました。
「江ノ島」は、坂田さんが90 年代後半より16 年間江ノ島海岸に通い、夏を謳歌する人々の姿を撮りためた作品で、砂浜に広げられた無人のレジャーシート上のさまざまなモノたちをとらえた鮮烈な静物写真(スティルライフ)と、生命力あふれる若者たちのポートレイトから成ります。
そこから見えてくるのは実にさまざまな個性、そして急速に移り変わる現代日本の姿です。本展は、すべて初公開となるカラー写真約40 点(そのうちポートレイトは約10 点)で構成されています。
「若者たちの姿からポジティブなエネルギーを感じて、複雑で先の見えない時代を生きるみんなに元気になってほしい」。魂をこめて対象と向き合いつつ、鋭い観察眼で時代をとらえ続けてきた写真家・坂田栄一郎さんの、未来への願いが込められた展覧会です。


a0136253_21393789.jpg


【開催要項】
展覧会名 坂田栄一郎―江ノ島 (英題: Eiichiro Sakata―Enoshima)
会期 2013 年7 月13 日(土)-9 月29 日(日)
主催・会場 原美術館
開館時間 11:00 am-5:00 pm(水曜は8:00 pm まで/入館は閉館時刻の30 分前まで)
休館日 月曜日(祝日にあたる7 月15 日、9 月16 日、9 月23 日は開館)、7 月16 日、9 月17 日、9 月24 日
入館料 一般1,000 円、大高生700 円、小中生500 円/原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料/20 名以上の団体は1 人100 円引
交通案内 JR「品川駅」高輪口より徒歩15 分/タクシー5 分/都営バス「反96」系統「御殿山」停留所下車、徒歩3 分。
原美術館
東京都品川区北品川4-7-25 Tel: 03-3445-0651
昨日行われたオープニング及びレセプションの模様はこちら
[PR]
by beachfm | 2013-07-13 21:43 | 今週のON AIR

Shonan BeachFM Magazine Radio 毎週土曜日12:00-16:00 オンエア 番組ブログ


by beachfm
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る