人気ブログランキング |

SHONAN BEACH FM MAGAZINE ~ RADIO

a0136253_1981461.jpg

今日から6時間半というロングプログラムになりました!
そして真っ赤な「三菱コルトリミテッド」の湘南ビーチFMカーで巡る
「湘南パトロール」のコーナーも開始。
この番組では毎週12:35~、1時間ごとにお届けします。
レポーターはJKです。
詳しいレポート内容は、湘南パトロールのブログをご覧下さいね!

072.gif14:00~は「湘南の匠」に紹介されている「鎌倉彫 後藤久慶」について
ライターの久野さんい伺いました。
先日私もお邪魔をしたのですが、お店そのものが趣と歴史を感じる建物です。
そこには3代続く素晴らしい鎌倉彫の作品が飾られています。
中でも湘南ビーチFMマガジンに取り上げている「八方刀痕」は
紋様と漆と時間がつくった日本の美。
紅い漆の下に金箔を塗り、それが時を重ねて漆の透明度が上がるにつれ
少しづつ金色が上品に現れてくるそうです。
窓辺に飾られていたので光の当たり具合や強さによって
紅い漆の色の出方、金の輝き方が違うのには本当に感動しました。
「また、3代目慶大さんは伝統的な技法をそのままに
現代の生活にも取り入れやすいモダンな要素を加えています。
その一つが、竹の節を使った茶碗。(こちらの写真もマガジンに掲載)
模様は無く、黒い漆が塗られたシンプルな器。
竹の形を生かしているので、同じものは二つと無いのだそう。
竹は水分を吸ってない冬の時期に取り、しっかりと乾燥させて
素材と対話しながら作っていくのだとか。
鎌倉彫は確かに高価ではあるけれど、日常で使えるのは勿論、
欠けたりしたら直しも可能、漆の塗りなおしもしてくれるので、
長く長く愛用できるところが魅力であり、
現代の生活には必要なものだと思いました。

また1代目が作られた香炉と同じものを2代目も作られていて、
伺ったときに並べて見させていただいたのですが、
花の彫りの深さ、色の強さ柔らかさなど、同じものを作られているのに
それぞれの個性が現れていました。
3代目の慶大さんに作られないのですか?とお聞きしたら、
「まだ早いと思っています・・でもいつかは・・・」と仰っていました。

「鎌倉彫 後藤久慶」 
鎌倉市雪ノ下2-1-24(鶴岡八幡宮を正面に見て朝比奈方面へ曲がり直ぐ左側)
0467-23-0933(事前にご連絡をしてからお出かけ下さい)


060.gif15時~「アロハノ~」
ハワイアンミュージックをノンストップでお送りします。
・ハワイの情報やリクエストもお待ちしています。

060.gif18時~「ヤマハA&Rプレゼンツ ACCOUSTIC WAVE」
保刈あかねさんのアコースティックな演奏、歌声をお楽しみ頂きます。
8/16の湘南ブリーズ内 16時からのFeelinGroovyにご出演します!


6時間半、皆さんにはどのように感じられたのでしょう?
出来る限りその時間帯にあった曲、陽の傾き具合に添った音楽をお届けし
土曜の午後を湘南ビーチFMで楽しんで頂きたいと思っています。
来週も聴いて下さいね!
by beachfm | 2009-08-08 23:59 | 以前の記事

Shonan BeachFM Magazine Radio 毎週土曜日12:00-16:00 オンエア 番組ブログ


by beachfm
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る